気候変動国際シンポジウム「気候変動対策と未来ビジョン—適応・緩和研究の展望」開催レポート

気候変動国際シンポジウム「気候変動対策と未来ビジョン—適応・緩和研究の展望」開催レポート2023年10月18日(水)、環境研究総合推進費S-18が主催する気候変動国際シンポジウム「気候変動対策と未来ビジョン—適応・緩和研究の展望」が東京大学伊藤国際学術研究センターで開催された。本シンポジウムは、環境研究総合推進費SⅡ-11、東京大学気候と社会連携研究機構、東京大学未来ビジョン研究センターの共催で行われた。S-18は2020年4月、新型コロナウイルスの世界的大流行による混乱の最中に開始したため、3年度目にして念願の国際シンポジウム初開催となった。

当日の参加者は、会場120名、オンラインで538名。オンラインでの参加者は、インド、フィリピン、ベトナム、米国、カナダ、中国など23か国に及び、本プロジェクトや日本の気候変動対策への国際的な注目度の高さが伺えた。
また、本年7月に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第7次評価報告書サイクル(AR7)が開始して間もないタイミングで、第7次報告書(WGⅡ)の共同議長をお招きしての開催であったことも、学界だけでなく産業界からも予想を上回る多数の参加を得ることができた要因と考えられる。

(開会挨拶をする三村信男茨城大学特命教授)

シンポジウムの冒頭で、S-18プロジェクトリーダーの三村信男特命教授(茨城大学)は今回のシンポジウムを企画した目的として①IPCC第6次報告書を踏まえ、第7次評価では何が課題となっていくのかを展望する②気候変動影響の将来予測と対応策の有効性について最新の研究成果を踏まえて議論する③気候変動対策は他の社会的課題とも相互に連関しているため、統合的解決策について議論する—の3つを挙げた。シンポジウムはこれらの目的を意識した3部構成で行われた。

シンポジウムの冒頭で、S-18プロジェクトリーダーの三村信男特命教授(茨城大学)は今回のシンポジウムを企画した目的として①IPCC第6次報告書を踏まえ、第7次評価では何が課題となっていくのかを展望する②気候変動影響の将来予測と対応策の有効性について最新の研究成果を踏まえて議論する③気候変動対策は他の社会的課題とも相互に連関しているため、統合的解決策について議論する—の3つを挙げた。シンポジウムはこれらの目的を意識した3部構成で行われた。